読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分の階段の上がり方。

コーチが研修講師をしています

自分の行動をサクサクと前進させるために。

「その」作業は、本当はどんな環境があったらやりやすいイメージがつくだろうか。 
「その仕事」は、どんな道具があったら、もっと気分があがるだろうか。逆に何が、時間を浪費させる『流れ』をうむサインだろか?
無駄に繋がる”雰囲気”を察知し、すぐに避ける立ち居振る舞いに変えつつ、可能な範囲の最高の道具を使おう。
…本当はこうした方が入力しやすい、見やすいから早い。
…あのペンの方がスラスラ書き進めやすい。
単に贅沢をしたい、見栄をはりたい、こういった生産性に直結しない理由のものは対象外として「手段の目的化」は論外ですが…本当に今後もその「作業」が次も行う予定があるのなら、少し背伸びをして”いい道具”を使う。
それも現金で購入し、「これだけ投資している」という自覚をもって…仕事のことを考えたときすかさず、とりあえずその道具を持ってみる。するとそうするだけで、「最初の15分仕事をする(とりあえず仕事にとりかかる)」ことへの敷居が低くなる。
私の失敗から学ぶ経験からは、
できるだけ現金での物品購入をお勧めする。
お金の使い方が変わり、選択の基準が少しずつ変わり、
生き方が変わる気がするのだ。
現金で買った道具を手に、
次々と作業や仕事をサクサクと完了させていこう。
相手の想像を越え短期で納品、対応をすると、信頼を
より勝ち得ることとなるだろう。
栗だって、
付属の「剥き器」を使うと効率的なように(笑)。


『あなたの前進したいことを、加速させます。』
                     境英利f:id:JapanCoachSakai:20160206195537j:image