読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分の階段の上がり方。

コーチが研修講師をしています

自分に最適なタイミングを知っているか。

人間には朝方だと自分を思っている人、夜型だと思っている人が存在します。 
しかし実は、「○○をする時の最適なタイミングは」いつなのか?と考えた方が成果を速やかに手に入れる可能性が高いと私は捉えます。
書類作成は? 片付けは? 開発や計画は? 思考は?
である。
メール処理はメンタルを揺さぶられやすい(方々に内容が異なるため)ので、朝でも夜間でもなく午後に行うなど。
…いやいやいや、仕事はメールで振ってくる、出来事が発生したと分かるから朝からそのまま作業になだれ込んで、、なんて人は「午後」に認知した内容を自分のゴールデンタイム(一番元気に、気軽に、さくさく動作を始められる時間帯。朝、午前中、午後、夕方、深夜、早朝・平日、週末土日、祝日~前後といったらどこ?)に「取りかかる予定(アポイント)を入れる」行動をしておけばいい。
ちなみに僕は、矛盾しているが子供たちや妻と一緒に就寝したいのに夜中が集中できる。一旦寝て、また起きる場合と4時に起床し作業する場合がある。時間が足らず、夜21時頃からそのまま朝までなんてこともありますが。夕方は寂しくなってイメージが沸きにくいのと、夜中は逆に仕事を進めていないと、ありもしない事柄に不安となり、これまた眠れないようになってついスマホのツムツムのようなゲームに逃げ込み自己嫌悪に陥る流れとなる事があります。
このコントロールには、とてもエネルギーといいますか、気力が必要な勝手なイメージがまだ私にもあり、僕の解決法は実は日誌もしくは日記でも構いませんが、これらを一気に内容に拘らず書き散らす事により反芻が反省や自戒を生み、行動を変化させるようになりつつあります。いわゆるジャーナリングかも知れません。
あなたを適切に活躍させるための実施バランスは、一体どんなスタイルなんでしょうか。一度書いてみるとおもしろいかも知れませんね。f:id:JapanCoachSakai:20160209154826j:image