読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分の階段の上がり方。

30人の経営者さんをコーチする世界と、研修に生きる雑記帳です。

やって欲しいことを、仕事にしている俺って変?

画面のデザインが久々に変わりました。

…というか投稿殆ど動画しかしていませんでした、ごめんなさいです(^^;)。

 

さて今日は、このデザインを見ていて思ったことをつらつらと。

 

この回転寿司のループ画像。

どこに自分の視点を置くかで景色って変わる気がしました。

 

乗って流れていくお寿司になるのか?

→なんかそれはイヤな僕。

 

お客さん側としていたらどんな立ち位置があるだろう?

→食べたいものを食べている人。

→何か健康志向とか言い訳しながらまんべんなく食べてる人。

→欲しい気分?で全てを選ばず、

 つまりなんとなくではなく”本当に”食べたいものだけで

 食べ終える人。

 

お店の人はどうだろう?

→こんなん意外性のあるデザートとか並べといたらつい、

 とってしまうお客さんもたくさんいるんちゃうか…常に一杯にしとこ。

 

世の中は常に今朝も今日も今晩も、常に何らかの駆け引きや取引、人々の思惑と

それに対する自己管理(選択)によって、「結果」がもたらされる。

 

太ったり、お金が入ったり、逆に無くなったり、後悔したり。

 

…お寿司から一旦はなしが逸れるが、僕は

こうしてくれたら心地良いのに、

こんなサービスがあったら嬉しいのに、

 

それを誰もやってくれないから自分がやってきてみて今日まできてみた。

 

僕は自由に生きたいし、選択肢を持ちたいし、スピード感をもって楽しみたい人生が

あるからそれを整理するサービスがあって、どんどん前進していけたらいい。

そうおもけれども、どんなコーチをつけても、僕はやっかいものらしく途中でコーチ

のほうが諦めてくれた。震災鬱っぽくなるなる前から、おかしかったようだ(笑)。

 

ただ、ほんと、お寿司自体のように流されて時間の経過を待つのだけはなんだか

勿体ない気がしてしまう気性なので、前へ進みたい。そんな僕だからこのコーチを

もつという選択肢をなぜみんなが日本ではしないのか、ばかじゃないかとまで思う。

 

コーチをしていて思う、ほんと向いてるなと。

教科書通りのコーチングはできていません、ほぼ完全に(笑)。

なので世間からの評価は頂けないのかもしれません。俺がおかしいのか?

おかしいのかもな(笑)。

 

あなたはお寿司の話で、自分の人生に置き換えると何が思い起こされますか。

僕は流れているのはいやです。そんな人は僕のコーチングを大至急受けてみて下さい。

プレコーチングというお互いの相性を見る初回のお顔合わせが判断の材料となります。

 

なんだか今日は腹が立ってきたので、

なんで俺のコーチングをみんな受けないのか、分からないのがわからない、

と思うので朝から書きました。

 

あなたも、今日一日、自分の選択で生き抜いてみてください。

 

ある経営者は仰っていました。

毎朝目を覚ますと、自分自身に問うんです。

次の24時間で、会社をどれだけ前進させられるだろう」と
— リア・バスク(TaskRabbit 創業者兼CEO)

 

会社や事業所の経営者でなくとも、あなたは自分の人生の経営者です。

僕はそんな思いで明日なくなってしまわれるかもしれない目の前の人に、

真剣だけど深刻にならずリラックスしてコーチを全うします。

 

あなたも、ご自分なりに「出来たしこ」を。

f:id:JapanCoachSakai:20160601100032j:plain