読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分の階段の上がり方。

コーチが研修講師をしています

左も右も、ずっとは続かない。

思わしくない事柄が起きているとき、

とても歓迎すべき機会に恵まれているとき、

双方共に「それ」は、ずっとは続かない。

 

あたかも「こうなってしまった以上、もう〜しかない」と、

一度発声した現象がその後もずっと続くかのようなパフォーマンスがあるが、

本当にそうだろうか?

f:id:JapanCoachSakai:20161028233951j:plain

数日前、大阪へ飛行機で向かう途中、乗車した熊本では土砂降りであったのに対し、

飛行機で雲を抜けるとそこは、快晴であった。

 

雨のエリアにたまたま居るだけだったり、

雨を利活用すれば世の中にも貢献できると考える人もいたり、

それこそ「雲」を抜けてしまえ!と頑張る人もいるかもしれない。

 

でもこれらの多くが「その人が根拠なく付けた”解釈”でしかない」わけで、

事実ベースでない可能性が高い。

 

一呼吸して、落ち着いて考えてみよう。

雲を突き抜ける突破口は案外、自分の中にあるのかも知れないから。