読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分の階段の上がり方。

コーチが研修講師をしています

本当の自分で生きるという選択。

暫く間を空けて、ごめんなさい。

嫌な予感がしていた事が的中して、

その間もずっと、そしてそれは一時間前までショックで停滞していました。

(いつも笑顔のイメージしかない知人が亡くなりまして、想定していなかったので

ちょっと動けずにおりました…でも、復帰します。)

f:id:JapanCoachSakai:20170324000413j:plain

 

 

 

 

ある統計によると、血液型でO型の人は一番、自分に期待をしていてかつ「まだ本気だしてないだけ」とちょくちょく思いながら行動に移すほんの僅かな人とは別に多くの人が「そのうち…まだだけどね。」と行動せずに人生を終えていくとあった。

 

僕はO型で、その通りだ(笑)。

いやいや、世間の他のO型の型も一緒にしちゃいけませんね。僕は、そうです…でした、、、という事にしておこう^^;。

 

本気を出す。

これはこれまでの人生にどれほどあっただろうか。

f:id:JapanCoachSakai:20170324000529j:plain

僕はこの「本気を”出す”」という発想や言葉(単語)を使っている段階で、

『待っている姿勢』が透けて見え、この段階の人はやらない気が自分を振り返って思う。

 

たぶん、やる人やってるひとって

「本気になる。」といまここから成りきっていくんだと、その瞬間成るんだと、

考えるように今夜、なりました。

 

 

そしてその「本気になっている経験」って実は、本当は皆にあるけど忘れている(もしくは気付けていない)のであって、それを見ていた人が居たりすると目撃者としてフィードバックしてくれる潜在性をもっているんだと考えました。

f:id:JapanCoachSakai:20170324000334j:plain

優秀なマネージャーは、

偉くなればなるほど、

年上になればなるほど、

周囲の人に「最近の自分はどう見えているか指摘してくれ」と自らフィードバックを求めに行くらしい。つまりは『自分をそのまま写す鏡を持つ』のだ。

f:id:JapanCoachSakai:20170324000119j:plain

(★ご本人に画像の使用許可を過日頂いています)

あなたは貴方のことを耳の痛いことまで言ってくれる”仲間”は居るだろうか?

 

ちょっと振り返ってみるといい。

ここまで築いたあなたの人間関係が、

試され(精算され)る。

f:id:JapanCoachSakai:20170323234111j:plain

そして本当に自分のやりたいことを遠慮無くブレーキ0で試そう。

 

 

人生には本当に、

「まさか」が存在するのだから。

 

 

 

自分をいきよう、

あなたもぼやっとしている暇は本当は無い歳なんだろうから。

f:id:JapanCoachSakai:20170323234010j:plain