読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分の階段の上がり方。

コーチが研修講師をしています

”他のひと”を見ても”よそ”をみていても、その間に出来る事があるはず。

仕事用に長年使っている机の、ジョイント部分を外してみた。

ここを接続していると写真のようにL字型の机になっていたが、今夜やめてみた。

私は同時進行で各プロジェクトを進めることが向いていると”思って”いるからずっと、

そうしてきた…だったらスペースは広いほうが良いに決まっていると。f:id:JapanCoachSakai:20161010195623j:plain

話は変わってしまうように聞こえるかも知れないが、

あなたの職業はなんだろうか?

それがどんなものであれ「同業者」や『うまくやっている人』が居るかも知れない。

 

上手くやっていきたい自分は(僕も含めて)つい、それを見て評論家になろうとする。

何か解釈を新たに付けようとする、それも「自分の正しさを証明する」ために。

 

うっすら気付いているだろうに、そんなことを言っていてもしていても

「そこに答えは無い」と自分が一番知って居るだろうに、気付かないふりとでも

言おうか…『逃げ込む』ことをする。

 

こうしてまた1回、チャンスを失う。

 

多くの人が、「あれだけ時間(機会)があったのに」と思い人生は突然終わる。

 

こうしてみたら、どうだろう?

 

僅かな期待かも知れない望みかも知れない…でも、やってみた人間にしかノウハウは

つかない場合が多い。

 

上手に美味しいところだけもっていく人はごまんと居ます、やっぱり。

腹が立ちます…が、腹を立ててる時間も何かに使ったほうが「コマを進め」られます。

面倒だけど、今日も今夜も1つ、コマを進めませんか。

 

それは本のたった5行を読む(見る)だけかも知れない。

 

あなたというキャラクターのコントローラーを握るのは、貴方だけです。

行動の50%はあなたの明確な意思、

残りの50%は「だってそう思っちゃったんだもん」という根拠の無い自信です。

(自信には根拠がない方がいいです、

 根拠があるとそれが崩れた時、一緒に崩れるから)

 

そして本当のあなたの夢はあまり喋らない方が良い。

叶えたいけど叶えるために頑張ると「格好悪いから」と思って行動しない事の

「正しさの証明」をしている人からしたら都合が悪いので『無理だよそんなの』等と

”あなたのためだよ”とでも言わんが如くいい人として足を引っ張る人も居るから。

もちろん、希に本当に心配して色々言ってくれる方もあるんだろうけれど。

 

三連休が終わりました、つまり今月もあと残り15営業日(実質二週間)です。

 

来月も二週間を過ぎれば(11/15)みな年末ムードになり「事が動かなくなる」のは

去年も経験されたことでしょう、あとは来年からという話になりやすい。

 

焦らせるのではなく、少し急ぐということ。

少し急ぐとは、いま5分、未来のために行動を試してみるということ。

そして、その事について愚痴らない後悔しない。

 

私は世の中の賢い人達に比べ、賢くは無いしとても不器用すぎる方の人間です。

がしかしそれを理由に諦めたくは、ない。

 

前述の机だってそう、そんなことして何になるの。

そんなしようもない事してるんだ、なんて嘲笑されているのが今でもすぐに思い描けますが、やはりその人たちに心囚われていても仕方がないのです。

 

マイナビさんのCMでも有吉弘行さんが言っていました、

やるしかないから、やるしかない。

同社のキャッチコピーであるのかも知れないですが。

 

同い年とは知りませんでしたが、諦めなかった事をした代表的なお一人でしょう。

 

僕は、もうダメかなと思うときがあっても、

この”諦めたくないな、本当は。”という気持ちを大切にしたくて、

意味が無いかも知れないけれど今夜もこうしています(笑)。

 

あなたは正直、どうですか。