読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分の階段の上がり方。

コーチが研修講師をしています

あなたはそのままで、誰かを幸せにもできる。

たった今のできごとから。

 

数分前にとある男性と初めてお話した。

 

その人はお店を立ち上げて、

寡黙に一人お客さまに対応する一見普通に大人しい方に見えるがひょっとすると少し不器用であるかも知れないそんな方だった。

 

初めてお話するのに失礼かとは思ったがつい、

職業からか普段がそうだからか彼の夢や目標、

これまでの壁やここからの事を伺う流れに自然と

なった。

 

するとその過程で感じる独立した者なら誰しも経験

するであろう不安や壁、そして予測していない様々な

出来事について今の気持ちを話してくださった。

 

せっかくなのでこれまでの行動と在り方について

正直に感じた事を通してアクノレッジし、

その上で考える在りたい姿について伺うことに。

 

彼は時折、

共感の嬉しさや今後のビジョンを改めて描く楽しさ、

そしてここから未来へ向けて逆算し今を再構築していく事に刺激を少し受けられたのか表情が数十分前に比べとても明るく豊かで温かいものに。

 

精算を済ませたとき、

彼は咄嗟に何かを自分からも…と思われたのか

店内に飾ってあった向日葵を一輪持って帰りませんか?と仰った。

 

それならばと僕はその場で彼の写真を一枚だけ撮り、すぐさまチェキでプリントし彼にプレゼントした。

それはその時間をたまたまプレゼントできた僕も、

なんだか人として温かい気持ちになる気がした。

 

翻って、あなたがやりたい事でこんな気持ちになる

ような(自分にとっては普通に)できることって、

なんだろうか。そしてそれをもし突き止めることが

出来たら、それを日常の時折にギフトとしてやって

みるとあなたの人生はどう微細な変化をそれは

もたらすだろうか。

 

ぜひ、誰かにそのギフトを贈り届けて欲しい。

 

…彼はその、

豊かな表情で改めて今後のことをたぶん、

いまごろ描いているのかも知れない…さっきよりも

明るいイメージで。

f:id:JapanCoachSakai:20170422163616j:plain